読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Habitmaker

自由だから、いろいろ試そう。

Macでモニターは買う必要なし!TotalSpaces2で、Mac1台で複数スクリーンを操る

(※注:最初に書きますがTotalSpace2は現時点でOSX 10.11 El Capitanには完全には対応していません。しかし動かす方法はあるようです。詳しくはこちら。10.10以前はOK)

私のMac作業効率を劇的に変えたTotalSpaces2

私は長年Macbook AirとiMacを使っており、モニターと繋げて本体と2画面で仕事をしていました。

しかしこのアプリを入れてからはすべてが変わりました。

totalspaces.binaryage.com

まずはとにかくこの動画を見て下さい。(公式でも音付きで同じ動画が見られます。)

なんかすごそうでしょう??

私はこのアプリを使ってから、Macbook1台のみで仕事をするようになりました。
私の画面です。

f:id:habitmaker:20160201131550p:plain

今まで本体と繋いでいた大型モニターは要らなくなり、ネットオークションで売り払うことができました。

最初の設定が若干ハードル高い

しかしこのアプリ、最初とっつきにくいんですよね。公式サイトも全部英語ですし。

なので、この記事の通りに設定すれば使い始められるように、チュートリアル記事を書きます!


まずはインストール

http://totalspaces.binaryage.com/のページからインストールします。  
最初は無料版からで良いと思います。

f:id:habitmaker:20160201131609p:plain

ダウンロードした.dmgファイルを実行、アプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップします

f:id:habitmaker:20160201131605p:plain

設定方法

アプリを立ちあげて環境設定を開くと、まずはこの画面になります。 f:id:habitmaker:20160201131602p:plain

Macのダッシュボードを切にする

ここで、私の場合Macのダッシュボードは使っておらず、紛らわしいので切りにします。
Macのシステム環境設定 > Mission Control
(もちろん使いたい人はどうぞ。)

f:id:habitmaker:20160201131612p:plain

ダッシュボードを切にするとこのような設定画面になります。

f:id:habitmaker:20160201131559p:plain

各デスクトップに名前をつけ、ホットキーを割り当てる

TotalSpace2では各スクリーンのことを「デスクトップ」と呼びます。

今回は6つの「デスクトップ」を使う方法で進めましょうか。

次の1〜2を6つのデスクトップについて繰り返してください。

1. デスクトップを選び、役割の名前をつけ、ホットキーを登録する

私の場合

  • ToDo という名前をつけ
  • Command + Option + 1 (同時押し)というホットキーを割り当てました
  • 「決定」ボタンを押します。

f:id:habitmaker:20160201131504p:plain'

2. デスクトップを追加する

つぎに2のデスクトップを設定します。

「デスクトップを追加」を押します。 f:id:habitmaker:20160201131619p:plain f:id:habitmaker:20160201131507p:plain

1のときと同様に設定します。

f:id:habitmaker:20160201131514p:plain

私の場合

  • Evernote という名前をつけ
  • Command + Option + 2 (同時押し)というホットキーを割り当てました
  • 「決定」ボタンを押します。

3つめのデスクトップまでやったらRowsの+を押しデスクトップを6つに増やします。

f:id:habitmaker:20160201131517p:plain あとはやることは同じです。 f:id:habitmaker:20160201131524p:plain

全体を見渡せるように設定する

最後に複数デスクトップがどのような状態かすぐに見渡せるようにしておきます。

私の場合、左下にカーソルを持って行くと全体が見られるように設定してあります。

「ホットコーナー」で「OverviewグリッドをExpose状態で表示」を選択 f:id:habitmaker:20160201131520p:plain

設定完了!

左下にカーソルを持って行きOverviewで見るとこんな感じになります。

f:id:habitmaker:20160201131534p:plain

左上の1箇所にゴチャゴチャかたまっている各アプリを、ドラッグ&ドロップでそれぞれのデスクトップに割り当てていきます。

f:id:habitmaker:20160201133254p:plain

うつくしいでしょう!

参考までに、私の場合、

  1. ToDo → Wunderlistを置く
  2. Evernote → Evernoteを置く
  3. Settings → Macの環境設定や1passwordなどのアプリを置く
  4. Browsing → Chromeを置く、web閲覧用
  5. Photo → Macの写真アプリを置く
  6. Social → TwitterアプリなどSNS系のアプリを置く

というデスクトップの分類・アプリの配置にしています。

アプリを切り替えるときは、Command + tabで切り替えるかMacのDockでアプリを押せば、勝手にデスクトップが切り替わります。

チュートリアルは以上です!
みなさまも快適なMac1台生活をお送りください!!


2016/02/06 追記:こちらの記事の続編を書きました!

habitmaker.hatenablog.com

あわせて読みたい人気記事