読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Habitmaker

自由だから、いろいろ試そう。

さいたま市図書館、パワーアップリニューアルの衝撃【電子書籍サービスも開始】

photo by jessamyn

こんにちは、さいたま市図書館ファンのhabitmakerです。

2016年2月22日から3月2日まで、さいたま市の全図書館、休館。

f:id:habitmaker:20160305163415p:plain

2016年3月3日 さいたま市図書館、リニューアル、開館。
(PDFリンク)

この日を、私より心待ちにしていた人がいただろうか。いや、いない。(反語表現)

というわけで、今回は何がどうパワーアップしたのかまとめました!!

予想を遥かに超えた進化でした。図書館を支える人々とシステムに畏敬の念をもって、書きたいと思います。

合わせて、サイトの使い方も説明しています。

前回の記事を呼んでいない方は、こちらを先に読むことをオススメします!

habitmaker.hatenablog.com


目次

  • 1 貸出ルールの改善
    • 回数制限なく最貸出ができるようになった
  • 2 ホームページのリニューアル
    • トップページ
    • 全25図書館の連携は健在!!
    • 新機能:マイページの「わたしの本棚」
    • ① わたしの本棚(お気に入り資料照会)
    • ② わたしの本棚(読書記録)
    • サイトには読み上げ補助機能や、多言語対応も
  • 3 スマホページがリッチに!
    • トップページ
    • 貸出状況照会
    • 予約状況照会
  • 4 New! さいたま市電子書籍サービス
    • 使用レポート:kindle, Audibleのごとく
    • スマホブラウザでも使いやすさ抜群
    • 電子書籍数はまだ少ないが、今後発展のポテンシャルを大きく秘める
  • まとめ:偉大なリニューアルプロジェクト
    • 公務員が「起業家精神」を発揮したプロジェクト

1. 貸出ルールの改善

回数制限なく最貸出ができるようになった

(2016/02/21以前)
貸出延長は2回まで。それを過ぎると一度返却せねばならない。さらに読みたいときは、本が一度本棚に戻るのを待って、それを取ってまた借りるという謎の作業が発生していました。

(これから)
貸出延長は1回まで。それを過ぎてまだ読み続けたいときは、図書館にもっていき、他の人の予約が入っていなければ、即また借りることが出来る。 (通常の2週間の貸出と同じ扱い。)

この改善は助かります!

私は一度にたくさん借りて、本棚にズラッと並べてから、気分に合わせてつまみ食いのようにチビチビ読むスタイルなので、期限内に読みきらないことがしばしばでした。

これで別の人の予約が入らない限り、大好きな本を長期間に渡って私の本棚に置いておくことができます。

2. ホームページのリニューアル

サイトはこちらです。

www.lib.city.saitama.jp

トップページ

さいたま市の色のを基調にしたデザインです。

f:id:habitmaker:20160305163247p:plain

 全25図書館の連携は健在!!

前回の記事でも書きましたが、さいたま市内の25の図書館間で連携しており、たとえ最寄りの図書館に探している本がなくても、他図書館から運搬して取り寄せてくれます。

トップページの下部に全25図書館の開・閉館情報が!

f:id:habitmaker:20160305163240p:plain

見よ、この統率のとれた我が軍勢を!
オールグリーン!

にくいねこの演出!!
テンションあがりMAXです!!

新機能:マイページの「わたしの本棚」

f:id:habitmaker:20160305163439p:plain

「わたしの本棚」には2種類あり、

  1. お気に入り資料照会 → 「お気に入り」登録した本
  2. 読書記録 → いままで借りた本の履歴

となります!

① わたしの本棚(お気に入り資料照会)

本に「お気に入り」(星マーク)を付けられるのも新機能です。
「お気に入り」に登録した本の一覧が表示されます。
予約可能なものは予約カートボタンが!

f:id:habitmaker:20160305163449p:plain

② わたしの本棚(読書記録)

この機能を使うには、まずサイト上で「利用する」に設定する必要があります。

f:id:habitmaker:20160305163321p:plain

(読書記録について)
貸出した資料の一覧を表示する機能です。 読書記録を「利用する」設定にすると、それ以降に貸出手続きをした資料を自動で記録して、一覧にします。 読書記録を「利用しない」設定になっている場合は、記録されません。 読書記録の内容は、図書館側では確認ができません。ご自身での管理をお願いいたします。

「利用する」で設定した後、本を借りると、過去に借りた本の履歴が見られます。

f:id:habitmaker:20160305163428p:plain

サイトには読み上げ補助機能や、多言語対応も

f:id:habitmaker:20160305163252p:plain

f:id:habitmaker:20160305163255p:plain

その他、視覚障がい者・目が悪い方のためのサイト文章の音声読み上げ機能や、在留外国人のための多言語対応もなされています。

幅広い利用者を想定した、明らかな進化を見て取ることができます。

3. スマホページがリッチに!

かつてスマホから見たページはガラケーサイトのようでしたが、今回、スマホ専用ページが作られていました!
(URLはPCと同じ)

トップページ

f:id:habitmaker:20160305163423j:plain

貸出状況照会

現在借りている本と返却期限が一目瞭然。

f:id:habitmaker:20160305163444j:plain

予約状況照会

予約の状況が確認できます。

f:id:habitmaker:20160305163435j:plain

f:id:habitmaker:20160305163419j:plain

4. New! さいたま市電子書籍サービス

https://www.d-library.jp/saitama/

なんと、電子書籍だと・・・?

使用レポート:kindle, Audibleのごとく

こちらがトップページ。

f:id:habitmaker:20160305163337p:plain

とりあえず、新着資料 > 貸出可能で借りられる本を探します。

f:id:habitmaker:20160305163347p:plain

興味の湧いた、施 耐庵 作の「水滸伝 巻1」を借りることにしました。

f:id:habitmaker:20160305163300p:plain

貸出完了
「水滸伝 巻1」の貸出が完了しました。2016年03月18日までご利用いただけます。なお、ご利用期限日を過ぎると自動的に返却されます。

なんと便利。。。

読んでみます。「読む」をクリック

f:id:habitmaker:20160305163328p:plain

新しいタブが立ち上がり、、

f:id:habitmaker:20160305163506p:plain

ジャーン!Amazon kindleのMacアプリのような画面が表示されます。

f:id:habitmaker:20160305163528p:plain

左カーソル押下や、画面の左側クリックで次のページに行きます。

ブラウザから読みやすい。。。!!

f:id:habitmaker:20160305163513p:plain

左下の「SPEAK」再生ボタンを押すと、違和感のない自動音声が読み上げを開始し、読み上げている部分が黄色でマーキングされます。

f:id:habitmaker:20160305163459p:plain

f:id:habitmaker:20160306083400p:plain

f:id:habitmaker:20160305163520p:plain

みなさん、これはすごいことですよ。。(驚嘆)

さいたま市図書館が、無料で使える、AmazonのkindleとAudibleのようなものを作りおったということです。。!!!

スマホブラウザでも使いやすさ抜群

f:id:habitmaker:20160306152607j:plain

f:id:habitmaker:20160306152603j:plain

「読む」をクリックで新しいタブが立ち上がり、、

f:id:habitmaker:20160305163408j:plain

左右フリックでページ送りして快適に読めます。PCで読んだ途中までのページを記憶してそこからスタートしてくれる。。

f:id:habitmaker:20160305163403j:plain

f:id:habitmaker:20160305163411j:plain

これは完全にkindleやないかい!!

電子書籍数はまだ少ないが、今後発展のポテンシャルを大きく秘める

ラインアップは今のところ古い本やお硬い本中心で、数も少ないですが、今後本が増えていけばこれはすごいことになると思います。

この理想の未来に一歩近づいた気がします・・・!

まとめ:偉大なリニューアルプロジェクト

さいたま市図書館が今回のリニューアルにおいて

  • web、ネット主導
  • モバイル(スマホ)ファースト
  • 電子書籍

という時代の潮流を完全に捉え、より広範なニーズに応えたのは本当に素晴らしいことだと思います。

同じ額の税金を使っても、手を抜けば、ユーザー完全無視の運営者都合のダメダメシステムも作れたと思います。でもそうはなっていません。それどころか時代の最先端を行っています。

公務員が「起業家精神」を発揮したプロジェクト

「起業家精神」(entrepreneurship)とは、意欲的に、常識にとらわれず、リスクを取って問題解決を行う姿勢を指します。

今回、さいたま市図書館が示してくれたのは、「起業家精神」は起業家でなくても発揮できるということです。

この図書館がある、この市が誇りです。

あわせて読みたい人気記事